« The Grand 1.06 PB1 | Main | arp spoofing »

Thursday, June 17, 2004

フラットLANケーブル自作

フラットLANケーブル自作を見て,LANケーブル自作がやりたくなった.

今家のケーブル状態はかなり凄く,電源はたこ足にたこ足にたこ足状態(とはいえ,合計ワット数は問題ない),LANケーブルもかなりの量になっている.
この状況を少しでも改善できるかな,ということで,フラットLANケーブルを自作してみようかなと.

Firewall,スイッチ×2(Internal/DMZ用に1つずつ)の間などは,ケーブルは10cmもあれば十分.
それ以外のマシンもラックの周りに集まっているので,1m前後の長さで十分であったりする.

市販のケーブルだと,10cmのフラットケーブルとかはなかなか売っていないので,やはり綺麗にケーブルをとりまとめたいとなると自作するしかない…ということで.

エレコム LD-CTFS/BU100
スーパーフラットLANケーブル(ストレート・ケーブルのみ) 100m
\10,122
エレコム LD-KKTR
ラチェットタイプRJ45コネクタかしめ工具
\7,004 (税込)
エレコム LD-FRJ45T10
スーパーフラットケーブル専用コネクタ(ブーツ付・10個) ×4
\5,712 (税込)
エレコム LD-KKTFS
スーパーフラットケーブル専用外皮むき工具
\10,574 (税込)
エレコム LD-CUT
ケーブルカッター
\1,071 (税込)
サンワサプライ LAN-T256652
LANケーブルテスター
\12,716 (税込)
合計\47,199 (税込)

を購入.今日とどきました.

工具類は全部始めて買うので,トータルでなかなか高い金額に….
通常のLANケーブルと違って,フラットケーブルはエレコムしかやってない模様.
すっきりさせるのが目的なので,やはりフラットタイプでやりたいので,高いけど専用工具なども購入.

テスターは色々種類があって,
1.導通チェックのみ
2.1に加えてスプリットペアのチェックができるもの
3.LANケーブルの特性まで調べられるもの
があるようです.

2までチェックできないと100Mbpsで通信できない場合があるようです.逆に3まで調べなくても,スプリットペアのチェックまで出来ていれば100Mbpsは大丈夫らしい.
1000Mbpsになると,2をクリアしても,ダメな場合もあるとか...

とはいえ,1は数千円,2は1万ちょい,3は50万以上,という価格なので,2を選択.

そんな感じで買いそろえると,なかなか結構な金額に(^^;;


とりあえず自作する気力は今日はないので,また今度.
Before=>After でどのくらい綺麗になるだろうか…

結果は数日後くらいに(?)

Before:
before1.jpg
before2.jpg

|

« The Grand 1.06 PB1 | Main | arp spoofing »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フラットLANケーブル自作:

« The Grand 1.06 PB1 | Main | arp spoofing »