« 打ちやすさと学習コスト | Main | ACT配列M1版更新 »

Monday, June 13, 2005

ACTも入れた比較スクリプト

ACT(M1)を作ってみた.
ACTは漢字熟語に強い配列なので,この例文はかなり不利かなぁ...
ACT(M1)もビジネスメール向けのカスタマイズなので,「でしょうか」以外ほとんど不発に終わってます.

まぁ,でも同じ比較ということで,とりあえず.
時間がとれたらいろいろな例文でできるようにしたいところですが...

http://www.mikage.to/keyvs/vsmode.html

% 再公開まずかったら消します

|

« 打ちやすさと学習コスト | Main | ACT配列M1版更新 »

Comments

 あっ、Qweロマかなについては「三段+"-~"キー」との表記が必須かもしれません。
 Dvo/ACTは…こちらは「三段+"~"」のみで大丈夫そうですね。
 取り急ぎお知らせさせていただきたく。
 (毎回論議のネタになる点ですので、念のため入れておいた方が良いかと…)

Posted by: かえで(yfi) | Monday, June 13, 2005 11:51 PM

ご指摘ありがとうございます.
早速直しておきました.

http://nicola.sunicom.co.jp/

にあるように,キーボードの絵がでれば,この辺がもっとわかりやすそうですね.
しかし作るのが大変そうです・・・

Posted by: みかげ | Tuesday, June 14, 2005 12:12 AM

キーボードの表示は作れると思う。
というか、改造してくっつけるわけ。

ローマ字かな変換で、打鍵するけど表示しないキー操作とかの処理が問題だなぁ。

原型がここにあるんですよ。
http://www9.big.or.jp/~mshinoda/tutorial/guidance/letstype.html?name=shino&mode=3&mem=3&kcol=>ime=1&soff=0

Posted by: shino | Tuesday, June 14, 2005 12:25 AM

改造されたソースを見るとちょっとorz
元のソースが恥ずかしいわけで。
まあ、スクリプトの改造する人以外は見ないんでしょうが.....笑わないでください。おながいします。

Posted by: shino | Saturday, June 18, 2005 09:22 PM

キーボード付きの速度比較スクリプトが作られたようですね。
時間がとれたときにでも、act配列を対応させてみようと思います。
しかし、キーボードにどのように表示させるかが悩みどころです。

Posted by: みかげ | Sunday, June 19, 2005 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ACTも入れた比較スクリプト:

» shinoさんとこの打鍵密度比較スクリプト、色々と応用が利いて面白そうです。 [雑記/えもじならべあそび(飛鳥カナ配列で綴る、無変換な日記)]
(トラバ返し:[http://blog.mikage.to/mika/2005/06/act_f042.html:title=ACTも入れた比較スクリプト])  みかげさんは、shinoさんの作成されたスクリプトに「ACT配列M1版」の例を追加した例を公開されました。  actbemuさんがazik時代から指摘されている点に同じく、やはりみかげさんも ACTは漢字熟語に強い配列なので,この例文はかなり不利かなぁ... との感想をお持ちのようで…この傾向はM式(親指シフト系ローマ字入力)で... [Read More]

Tracked on Tuesday, June 14, 2005 12:28 AM

« 打ちやすさと学習コスト | Main | ACT配列M1版更新 »