« 最短キータイプ抽出 | Main | 最速キー配列とタイピング最適化 »

Thursday, June 02, 2005

ACT配列M1版作成中 その2

省略入力を決める前に,もう少し整理.

拗音系は,ローマ字互換のF,Vを除き,すべて同段で入力するようにした.
D行など,本家では1つ下になっていたが,普段使わない方の拗音化キーに割り当てた.打ちやすさはどちらもあまり変わらないと思うので…

拗音化キーを使うようにしたことと,い行,う行,え行でそれぞれまとめると,だいぶわかりやすくなった気がする.
その他にも細かい見直しと,本家ACTにあった例外的なものを全部取り除いてみた.

覚えやすくはなったと思うものの,これで日本語入力に不自由しないかはまだ不明.
しばらく使ってみよう…

http://www.mikage.to/act/act.html
http://www.mikage.to/act/ACT_M1.hmo_kana(姫踊子草用ファイル)

|

« 最短キータイプ抽出 | Main | 最速キー配列とタイピング最適化 »

Comments

練習モードで「でぁ行」がうまくでないのでおかしいと思ったら,定義に間違いがありまた.
というわけで差し替えました(^^;

Posted by: みかげ | Friday, June 03, 2005 09:08 PM

「ぱい」の省略入力が「ぽい」になっていた.再び差し替え...

Posted by: みかげ | Friday, June 03, 2005 10:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ACT配列M1版作成中 その2:

« 最短キータイプ抽出 | Main | 最速キー配列とタイピング最適化 »