« 姫踊子草配列 | Main | エルゴキーボード KINESIS »

Tuesday, June 07, 2005

キー配列の評価方法&新規ユーザへのおすすめ

Uジローさんからのコメントへ:

出力サンプルで、少し不思議に思ったのは、NICOLAに対する3方式の結果が、結構、違っているように見えるのですが、どうしてでしょうか?記号のあたりで結果が変わってしまうんですかね・・・。

NICOLAは…記号周りでしょうか.各配列の詳細を知らないので,何ともいえないところですが,下の方にあるキーへの展開を見ると,濁点等の扱いが異なるようですね.
その辺で違いが出ているのかもしれません.
(バグではないことを祈る…)

同じキー数で複数打鍵があるものはどちらになるかわからないので,その辺もあるかもしれません.少なくともACTは互換打鍵と普通の打ち方の2パターンあるものがある(や行とか)ので,最善の評価でない可能性があります.(何を最善にするかの問題もありますけど)
この辺はNICOLA使いのひとに確認していただけると嬉しかったりしますが…

ところでふと気付いたのですが、そういえば、姫踊子草の定義ファイルには、普通のローマ字入力やかな入力の定義ファイルは(当然ながら)ないんですよね(笑)。

ないですねー(^^;
誰か作ってくれないかな.

月配列や飛鳥配列も定義がどこにあるのかわからなかったので,含めてません.
再配布OKとかで公開してもらえれば,全部含めて配列評価キットとかにできるのかもしれないですが…

評価方法も,評価の仕方を定義してもらえれば,結構簡単に組み込めると思うので,どんどん対応しますよ.
アルペジオとか,いまいち定義がわからない(左左+右右と一緒?それとも3キー連続ならそれで1カウント?)ので,入れてません.
(ソースを読んで対応する時間はちょっとなかったので(^^;)

この辺の用語も,どっかに解説があるといいのですけどねぇ.


ただ,結局のところこの辺の評価って,キー配列を考える人だけのものの気がしてきます.
キー配列って,ユーザの学習意欲や,目的によって選択肢がほとんど絞られてしまうと思うのです.

配列を変えたいユーザに対し,

1.現在使える配列は何か?複数選択(QWERTY配列・Dvorak配列・ローマ字入力・JISかな入力・親指シフト,etc)
2.英字配列も高速化したいか?1から英字配列を覚えるのはOKか(OK・NG)
3.カナ入力・ローマ字入力のどちらかにこだわりがあるか(なし・カナ・ローマ)
4.英字配列とは別に,ローマ字入力用配列を1から覚えるのはOKか(OK・NG)
5.カナ系の配列を1から覚えるのはOKか(OK・NG)
6.同時打鍵と,複数キーの連続打鍵のどちらが好みか(同時・連続)
7.最上段を使うのはありか(あり・なし)
8.同時打鍵時のシフトキーはいくつまで許容できるか(無し・1つ・2つ)
9.高速入力と楽に入力できるのとどちらに興味があるか(高速・楽)

を聞けば,だいたいそのユーザにとって良い配列は見つかるのではないかなぁと思います.

見つけた選択肢が複数あった場合は,いくつかのキー配列を提示して,打ちやすい/打ちにくいを判断してもらい,それを元にお勧め配列を提案する,という方法が考えられますよね.

でも,ほとんどの場合はそこまでいかず,最初の質問で絞られてしまう気がします.
ACTかACT(M1版)のどちらか,みたいな細かい違いはあるとは思いますけど...

ローマ字入力していて,ちょっと覚えて速くなったらいいな,という人にAZIKを進めれば覚える気がすると思いますが,ACTとか月とか進めても,やる気は起きないでしょうし.


ちなみに,わたしのリアルの身の回りでは,誰も配列を変えようとは思わないようです.
理由としては,
・覚えるのが大変
・今の速度でも困らない.考える方に時間がかかる
という感じのようです.

わたしは,手がボトルネックになってる,と感じることが多々あるので,配列を変えようと思ったのですが,たぶん相当少数派なんでしょうね….

|

« 姫踊子草配列 | Main | エルゴキーボード KINESIS »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キー配列の評価方法&新規ユーザへのおすすめ:

« 姫踊子草配列 | Main | エルゴキーボード KINESIS »