« ACT配列M1版作成中 その2 | Main | タイプコスト順 »

Sunday, June 05, 2005

最速キー配列とタイピング最適化

キー配列に関していろいろ熱い議論があるようだけど,結局のところ最速,の定義次第で内容が変わるように思う.

キー配列の速度を評価する方法はいろいろある.今までいろんなサイトで見てきたところでは,
・2つもしくは3つのキーを順に打つ速度を測定して,一般的な文章の打鍵時間が最も短いものをよいとする(速い)
・左右交互打鍵の率が高くできるものほどよいとする(速い・打ちやすい)
・すべての指の打鍵数が等しいほどよいとする(特定の指がつかれにくい)
・4段より3段,そしてホームポジションの打鍵率が高いものほどよいとする(打ちやすい)
・同指の別キー連続打鍵や,小指の打鍵が少ないものほどよいとする(打ちやすい)
などがある.

上記の一つの方法で評価したり,いくつかを組み合わせたり,評価の方法はいろいろ.
そして評価方法によって,配列の善し悪しも大きく異なってくる.

例えば,一番最初の打鍵時間を最も短いものをよいとする方法は,一見絶対的な評価基準のように思える.
しかし,以下のページにあるように,評価方法としては必ずしも適切ではない.
http://www.ccad.sccs.chukyo-u.ac.jp/~mito/yamada/chap7/1/
いい加減に要約すると,
・各指の打つ時間間隔は一定ではないので,正確に反映できない
・打鍵間の時間は平均的に打つ傾向があるので,遅い部分があると,それに引きずられて短い打鍵パターンも遅くなる
・器用な人差し指に打鍵が集中する傾向があり,人差し指の負担が大きいため,長時間タイプすると疲労が激しい
といったところかな.

速度も,特定の指の負担が高くなれば,ピークは速くても,長時間の打鍵ではかえって遅くなってしまうので,ここも評価が難しいところ.

また,上の問題に加えて,タイピング最適化の問題もある.
タイピング最適化は,以下のページにわかりやすい説明があった.
http://growland.serio.jp/typing/

あまり配列を考える際には考慮されていることがないようだけど,実際問題わたしもローマ字入力するときはかなりの最適化がかかっている.
左手のホームポジションは,1文字左,右手のホームポジションは1文字右にずれて,小指はほぼ未使用,人差し指の守備範囲がかなり広い.
キー配列を考えるときに,通常とは異なるホームポジションを考慮している配列は少ないように思う...
(一部独自のホームポジション用のものがあったけど,あまり有名ではなさそうな感)

特に日本語入力の場合は,変換操作が必須になるので,スペースやカーソルキー等が入力の合間で必ず入る.
そこまで考慮した配列というのは見たことがない.

最速キー配列を考えるとき,上の問題に加え,学習の問題もある.
ちょっと学習すればある程度速度が出るけど,上限速度が低いものもあれば,
逆に学習は大変だけど,上限速度はその分高いものなどがあると思う.
後者の例としては,ステノワード.10キーで毎分300文字以上入力可能だけど,学習には1年かかるとか.

結局,考え方が違う配列同士での比較は結論が出ないのかなと,いう気がする.

ローマ字に少し追加ルールを覚えて日本語も速く→AKIZ
英語配列を速くして,かつ少し追加ルールを覚えて日本語も速く→ACT
日本語を1から覚えて速く→月とか姫踊子草などのカナ系

みたいに目的毎にならまだ比較が可能な気がする.
(そう並べてみると,AKIZ/ACTはあまり競合がないのかな…)

|

« ACT配列M1版作成中 その2 | Main | タイプコスト順 »

Comments

TB、ありがとうございました!

目的と状況によって、正解が変わるだろう、と私も考えているのですが、じゃあ本当にそうなの?と聞かれれば、それはそれでなかなか証明できる話でもないのが難しいところですよね。

AZIK/ACT、全くのゼロ状態から競合を探すと、SKYなんかが一番、競合しそうですね。でも、極めていくと、方向性としては意外に漢直なんかとも重なっていくのかな、と最近のみかログさんの記事を拝見して思いました。

Posted by: Uジロー | Monday, June 06, 2005 05:32 PM

コメントありがとうございます.

目的と状況によって正解が変わることを証明・・・というと難しいですが,現状いろいろな配列が作られていて,その方向性もカナ系ローマ字系いろいろ存在していることを考えると,そう考えるのが妥当なのではないかなぁ,と.

ゼロから…だとSKYも競合なのかもしれませんが,AKIZ/ACTはQWERTY/Dvorak配列の英語キーを使えれば,追加で少し覚えるだけで日本語が効率よく打てるメリットがありますね.
(もっとも,QWERTYからいきなりACTへ移行すると,英字配列&日本語配列を両方覚えないとイケナイので大変ですが.(^^;)

結局のところ,ある程度妥当なものを強制的に(小学校で教えるとかして)広めない限り,現状の配列が大きく変わることはなさそうです.
とりあえずは,キー配列変更がもう少し一般的になって,IMEやOSレベルで配列変更をサポートしてくれれば…というところでしょうか.
IMEレベルでサポートされれば,タイプした後英字変換ができない,という問題もクリアされますし...
(JustSystemさん,お願い・・・)

Posted by: みかげ | Tuesday, June 07, 2005 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最速キー配列とタイピング最適化:

» 繭姫と姫踊子草/あらためて姫踊子草配列 [姫踊子草の楽屋裏]
昨日の記事へのみかげさんのコメントより。繭姫で想定とのことですが,姫踊子草単体でも出来ると嬉しいです.(以前繭の方を入れて大変な目にあったことがあるので…(^^;)もちろん、繭姫でしかできないこと以外は全部将来の姫踊子草の機能として搭載する予定です。いつになることやら。窓... [Read More]

Tracked on Monday, June 06, 2005 11:13 PM

« ACT配列M1版作成中 その2 | Main | タイプコスト順 »