« Dvorak配列 | Main | FortiGate Farmware MR10 »

Sunday, July 03, 2005

eDimensional 3Dメガネ

3D表示に興味がわき,3Dメガネを購入してみた.

http://www.edimensional.com/

原理的には,左右の視界を交互にディスプレイに表示し,専用メガネでそれに併せて左右の視界を交互に見えなくするというもの.
ディズニーランドとかのアトラクションであるような偏光メガネタイプではないので,結構ちらついてしまうのが欠点か.

うちのグラフィックカードはGeForceなので,nVidiaからでている3Dドライバをインストール.
PCとディスプレイの間に付属の機械を挟み,それについてる同期用の赤外線発光部を適当なところに設置.
あとはメガネのボタンを押してスイッチをいれてから,メガネをかけるだけ.
(最初,メガネのボタンの存在に気づかず苦戦したりした(^^;)

まず,テストアプリを試すと問題なく3Dにみえた.
MSフライトシミュレーター,FF11ベンチもOK.
ただ,FF11はうまくいかなかった.
ゲーム開始までは3Dになるのだけど,肝心のゲーム中の画面がだめ.
なんか特殊なことしてるのかなあ.
(3Dバックグラウンドとフォアグラウンドの解像度が違うようなので,一度3Dで描いてから2Dで表示し直してるのかも?)

ちらつくし,立体的に見えることで結構目は疲れてしまうかも.
長時間のゲームには向かない感じです.
(ホットキーでON/OFF切り替えられるので,途中で2Dに戻すことも出来ます.)

それから,DVDを3D表示するソフトの方も購入したので試してみた.

まずは普通に表示は無理だろうと思いつつ,アニメ...
手元にあったシスプリリピュアを見てみる.

OPなどは,背景の平面画像の上に,キャラ画像の平面画像が少し手前に見える感じ.
これはこれで面白い.
ただ,全体的にアニメのせいか,画面が揺れたりするので,実用には耐えない模様.

次に,マトリックスを見てみた.
動きの激しいシーンを見てみると...確かに3Dに見える.楽しい...
ただ,動きが無いシーンでは,奥行きの検出が出来ないようで(当たり前だけど),2D表示とかわらない.

最初から3D表示前提で作られていれば面白そうだけど,2時間とかある映画を3Dで見続けるのはかなり疲れそうなので,やっぱり実用的では無いかも...

液晶側とかで3D表示するアプローチが正解かも?
(高いので気軽には試せないけど.1度は見てみたい...)

|

« Dvorak配列 | Main | FortiGate Farmware MR10 »

Comments

むかーし、LDとVHDがしのぎを削っていた頃、VHDのウリとして(?)液晶メガネと3Dムービーがありましたね。原理はみかげさん紹介の物と同じだったはず。対応映画は最初から3Dムービーとして作ってあったと思います。見たことはないので疲れるのかどうかは分かりませんが。ふと思い出しました。

Posted by: jisx6004 | Sunday, July 03, 2005 01:09 AM

結構昔からの手法なのですね.
やはり,めがねをかけるのは手間ですから,裸眼で見える3Dがもっと普及するといいのですが...
(3D液晶付きのノートPCとかもあるようですが,値段が高くて...)

Posted by: みかげ | Sunday, July 03, 2005 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference eDimensional 3Dメガネ:

» 3Dメガネ eDimensional について [空飛ぶ 「ぐりふぃん」]
みかげさんの「みかログ」に3Dメガネ『eDimensional』のお話がありましたので紹介いたします。 [Read More]

Tracked on Saturday, July 09, 2005 11:00 PM

« Dvorak配列 | Main | FortiGate Farmware MR10 »