« NX / FreeNX | Main | CPANモジュールバージョン依存 »

Monday, July 10, 2006

TripleTail


うちの会社で使っていた自社フレームワークをリファインしたものがようやく公開.

http://tripletail.jp/

公開用作り直す際に,今まで変えられなかったところもいろいろ直せたのが良い感じ.

少しは流行るといいなぁ,とは思っているけど,Perlハッカーレベルの人にはあまり受けが良くない気がする(^^;

Railsとかと違って特別楽しそうな機能とかは無いし,基本的な機能重視という感じだから...
その分初心者にはとっつきやすいと思うけどね.

でもPerlの下位互換性の良さもあって,互換性の高さだけはほかに負けないと思う.
進化が激しそうなWebアプリでも,3年とか5年とか使い続けるお客さんもいたりするので,互換性は重要...

PHPはまぁぼろぼろだとして,Javaもフレームワークとか使うと,フレームワーク自体が終了したりとかあるようなので.
その辺は自社で用意しておくと強い気がする.

PHPとか流行っているけど,あの互換性の低さはみんな気にしないのかなぁ.というのは疑問.
作った後の保守とかはあまり考えないのだろうか...
よくバージョンアップで動かなくなった,とか聞くけど,業務で使っているところはみんなどうしてるんだろう.

|

« NX / FreeNX | Main | CPANモジュールバージョン依存 »

Comments

基本的な言語仕様としてPHP4からPHP5で互換性がない部分はそんなに多くないかと。(メソッド内で$thisを再定義できない程度…PukiWikiはそれで苦しんでますが。僕はそういう発想したことないので無関係ですが)

でも、実行時の動作にクリティカルに関わる設定変数(しかもオーバーライドできない)が多いのは、死にそうになります。有名なregister_globalsもアレですが、
http://jp2.php.net/magic_quotes
こういう「作った奴がアホ」としか言いようがない機能(しかもスクリプト内でOFFにできない)のせいで悶絶した記憶も。

ま、一般への配布を想定していない業務用スクリプトなら、設定ファイル次第でPHP4→5とかの移行はそんなに苦しまないと思いますがー。

で、これってTm*Lib…ですょね。

Posted by: naruto | Tuesday, July 11, 2006 12:40 AM


あ,PHP4と5とかのバージョン違いはまぁ良いのです.
使う側に「PHP4を使い続ける」という選択ができますので...

気になってるのは,セキュリティの問題などがあって,
バージョンアップしなければならないケース(PHP4同士の
バージョンアップ)とかでの互換性です.

過去にMLとかで
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2002-November/011806.html
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-dev/2004-January/000968.html
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-dev/2004-January/000962.html
みたいなのを見たりすると,なんだかなぁと(^^;

実際こういう仕様変更が突然行われたりして,かつセキュリティの
問題でバージョンアップせざるを得ない状況の時,
保守費用内で対応とかするのかなーとか,そうしたら
利益を圧迫したりしないのかなーとか,その辺が気になります.
(お客さんにそこでかかる費用を請求するのは難しそうですから…)

ちなみに,業務で開発しているものだと,PHP4→5なんて移行は
ほとんど無理に近い気がしますが...
お客さん的に何のメリットもない言語のバージョンアップに
費用を支払ってくれるとは思いません.
業務でやる以上,タブン動くだろう,で移行するのも無理かと...
(最初の開発時と同じように全部しっかり検証するのが普通だと思う.
 何ヶ月もかけて開発したモノなら,検証もそれなりの時間がかかるはず.)


TLは,TmmLibの後継のやつですね.
コードはほとんど書き直して,仕様も多少変更されてます.
PHP4→5くらいの苦労で移行できると思いますが,やっぱりTmmLibは
TmmLibで今後も保守し続けることになるかと...

Posted by: みかげ | Tuesday, July 11, 2006 09:55 AM

>実際こういう仕様変更が突然行われたりして,かつセキュリティの
>問題でバージョンアップせざるを得ない状況の時
実際、客側がそこまでのリスクを認識していない場合がほとんど。
別にPHPに限った話ではなく。
ついでに言うなら、セキュリティに対する認識が薄いから
安易にXOOPSやOpenPNE等、品質の低いオープンソースソフトウェアに走って泥沼に。

・・・いったい、何度繰り返せば気が済むのかと。

Posted by: きりゅ。 | Tuesday, July 11, 2006 10:20 AM

客側にリスクを伝えるのも,作った側の責務じゃないのかなー.
とは思うのですが...
(そりゃ黙っていたらお客さんが知ることは難しい(^^;)

まぁ,小規模なところはそんなもんかもですが,
(ってそれですませちゃまずいんだろうけど)
もう少し規模が大きいモノ(例えばyodobashi.comとか
www.cecile.co.jpとか1企業の普通のWebサービス)
あたりだとどうなんでしょう.

きっとお客さんが監査とか実施しますよね.
こちら側も気づいていない問題があった場合とかで
ひっかかることもありそうですが,あまりにも明らかな
問題が放置されていたら,その時揉めませんかね...

とかそういう経験談みたいなのはあまり聞かないので,
実際どうなのかなーと.

% そういえばココログ,今日の午後から48時間メンテらしいので
% しばらくコメントかけないと思います...

Posted by: みかげ | Tuesday, July 11, 2006 10:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TripleTail:

« NX / FreeNX | Main | CPANモジュールバージョン依存 »