« Erlangのレコードを書きやすく | Main | Erlang R11B-5 リリース »

Wednesday, June 13, 2007

Erlangでのプロファイリング

Erlang Tipsに,Erlang での処理時間の計測方法を追加しました.
timerを使った基本のやり方と,eprof/fprof を使うやり方の両方を書いてあります.

fprofは関数の呼び出し関係を追いかけるせいか,非常に重く,少し処理時間がかかるコードになると使い物にならなくなります.
ちょっとしたベンチなら,timer:tc か timer:now_diff,コードの重い部分を探したいなら eprof が良い感じです.

|

« Erlangのレコードを書きやすく | Main | Erlang R11B-5 リリース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Erlangでのプロファイリング:

« Erlangのレコードを書きやすく | Main | Erlang R11B-5 リリース »