« パスワードを書いて保存!禁じ手を可能にする最終兵器 | Main | マルチコアでスケールしないErlangVM »

Monday, July 23, 2007

ErlangでOOP

WOOPER: Wrapper for OOP in Erlang

というのがリリースされた模様.

Erlangの1プロセスを1つのオブジェクトに対応させる方法で実装しているみたい.
実装自体は面白いけど,実際にこれでシステムを作るのは・・・さすがにオーバーヘッドが大きいように思う.

Erlangのプロセスは非常に軽いけれども,1プロセスごとに327wordsを消費する.
32bitシステムなら1308bytes,64bitシステムなら2616bytes.
オブジェクトのインスタンスを1個作るごとにこれだけメモリを消費してしまう.

小さなオブジェクトではなくて,大量に生成することがないような大きなオブジェクトに対してのみ使うのならありかも?
まぁ,でもそこまで無理してOOPしたいかというと,わたしはそうは思わなかったり.(^^;

|

« パスワードを書いて保存!禁じ手を可能にする最終兵器 | Main | マルチコアでスケールしないErlangVM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ErlangでOOP:

« パスワードを書いて保存!禁じ手を可能にする最終兵器 | Main | マルチコアでスケールしないErlangVM »