« ErlangからMySQLにODBC接続する | Main | 放射線測定器のメモ »

Wednesday, February 03, 2010

Linuxから赤外線リモコンで SPACE DiVA のチャンネルを操作

SPACE DiVA を契約したのだけど,意外とチャンネルの切り替えがめんどくさい.
また,Windows Media Encoderでエンコードして,別の場所で聞いている場合,当然チャンネルの切り替えができない.

これを何とかしたいと思って,学習リモコンを探してみると,4000円台でいいやつがある模様.

BUFFALO PCastTV2対応 PC用学習リモコンキット PC-OP-RS1

既に解析された方がいて,http://k-home.no-ip.info/wiki/index.php?PC-OP-RS1にLinuxでの認識方法,サンプルプログラムがあった.

Windows用のリモコンソフトは付いてくるものの,リモートデスクトップ経由などで操作するのはやはり面倒.
Linuxから制御できるのであれば,Webから操作するようにするのも楽そう…ということで,早速購入.

リモコンが届いたら,Wikiに書かれてる方法であっさり認識.
サンプルプログラムをそのまま使って,リモコンの0~9のボタンを学習.

サクッとCGIを書いて,Webからクリックで,3桁の番号を順番に送信してみるようにしたところ,上手く動いた.

画面イメージはこんなかんじ.
ch番号クリックで切り替わる.

Rs

チャンネル名をみながらすぐに変えられるので,チューナーの前にいるときもコレが便利.

ケーブルTVとかも,EPG使うより,PCからこういうツールで操作した方が画面が広くて楽そう…と思ったけど,番組情報が公開されていないのでダメかな...

|

« ErlangからMySQLにODBC接続する | Main | 放射線測定器のメモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Linuxから赤外線リモコンで SPACE DiVA のチャンネルを操作:

« ErlangからMySQLにODBC接続する | Main | 放射線測定器のメモ »